主婦が借入れを申し込むポイント

主婦がお金を借りるときのポイントは「誰の収入」をアテにするか

家計を預かる主婦としては、急な出費に便利な借入れを利用したいと思う機会も多いことでしょう。では、主婦のみなさんが借入れの検討をするときのポイントをいくつか書いていきたいと思います。

【ポイント1】専業主婦は兼業主婦よりも借入れできないところが多い
消費者金融業者をはじめとする「貸金業者」から融資を受けるには、『本人に一定の収入があること』が条件になります。つまり、専業主婦でご自身に収入がない方はここからの借入れはできません。以前はご主人に安定した収入があればOKというところが多かったのですが、法律の改正によって状況が一変してしまい、あくまで申込者本人の収入を基本に貸付けするようになりました。「貸金業者」ではない銀行や信用金庫、農協などのカードローンには「ご主人の収入があればOK」というところもありますので、専業主婦の方は銀行への申し込みを考えるのが近道です。

【ポイント2】一定の収入があれば、パートやアルバイトでも申し込み可能
今や正社員よりも期間派遣やパート・アルバイトなどの非正規雇用の方が多くなった日本。お金の貸し借りについても正社員限定にしていては業者がやっていけない時代とも言えます。銀行でも消費者金融会社でも、一定の収入があって既に借り入れている金額が許容範囲内であれば、雇用形態に関係なく融資の申し込みは可能です。

【ポイント3】借入れ限度額を知っておく
「貸金業法」という法律によって、銀行からの借入れとクレジットカードのショッピング枠、住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローン以外の借入れは、「限度額が年収の3分の1」を超えてはいけないことになっています。これは、借り手への制限ではなく貸金業者に「してはいけない」と制限をしているため、申し込み内容や審査でそれがわかったときには貸したくても貸せない状況なのです。多重債務に行き詰る債務者が急増したことが背景にあるため、「貸し過ぎ」に対してはナーバスになっている業者も多くなっています。

専業・兼業を問わず、ご自身とご家族の収入から返済をしていくことになるわけですから、ご主人とよく相談され、計画的な借入れをされるようお勧めします。